分銅(校正用)の選択

2017年7月11日 火曜日

1.天びん・はかりの校正分銅を選択することは迷います・・・

E2級,F1級,F2級,M1級とあって「どれを選んだらいいのか?」と迷ったら→天びん・はかりの目量から選択します。

210g/0.01mg: E2が絶対必要です

210g/0.1mg : E2がベターですが・・、使用条件(使用精度)によりF1でも大丈夫です

2000g/0.1g : F2で十分です

10kg/1g   : M1で十分です

30kg/10g  : M2で十分です


2.最小計量値から計算して、必要な最小表示値(目量の何倍か)等から選択する

*一般的に小質量の測定に使用する分銅は、E2が妥当でしょうか



力標準ワークショップ

2017年7月11日 火曜日

2016年6月3日 グランドヒル市ヶ谷で開催

2017年6月2日 大阪メルパルクで開催

2018年6月1日 横浜メルパルクで開催予定。


日本校正センター(関連会社)

2013年8月25日 日曜日

日本校正センターは、独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)にJCSSの認定をされた。

認定された種類は、次の通りです。

2013年8月に長さ計の直尺が追加されました。

プッシュプル計(力計):10 N~5000 N

圧力計(液体):1 MPa~50 MPa

     (気体):10 kPa~1000 kPa

長さ計(マイクロメータ):0~25 mm

    (ハイトゲージ):0~300 mm

    (ノギス):0~600 mm

ガラス体積計:メスシリンダー、フラスコ等(2013年3月21日認定)

トピック:2013年8月1日認定

長さ計:直尺:1000mm以下



▲ページの先頭へ戻る