計量計測の役割

計量計測において担う役割

安全と安心、信用と信頼がさけばれてから何年も経過しました。
私たちの仕事は、質量(重さ)を計量する「天びん・はかり、分銅」をより正確に分析し計量計測において、安全・安心・信頼のお手伝いをいしています。


牛肉のトレーサビリティの問題は、記憶に残る、世界的な問題でした。
計量計測の業界では、約15年以上前からトレーサビリティがさけばれてきました。

計量計測の役割画像1
その結果JCSS校正証明書は、まさしく計量のトレーサビリティです。
計量のトレーサビリティには、測定値に不確かさが付随しなければならない。

計量計測の役割画像2
近年、「計量の」と言う言葉を付け足して、違いの表現をしています。

計量計測の役割画像3


認証と認定

MRAJCSS認定事業者は、海外でも受入可能です。(MRA相互承認国)

計量計測の役割画像4


関東メジャー株式会社は、認定基準としてJIS Q 17025 (ISO/IEC 17025) を用い、認定スキームはISO/IEC17011に従って運営されているJCSSの下で認定されています。JCSSを運営している認定機関(IAJapan)は、アジア太平洋試験所認定協力機構(APLAC)及び国際試験所認定協力機構(ILAC)の相互承認に署名しています。関東メジャー株式会社 校正サービス部は、国際対応認定事業者MRA JCSSです。0131は、当標準室の認定番号です。

▲ページの先頭へ戻る